ラグビー・フットボール(ラ式蹴球)

ラグビー・フットボール(ラ式蹴球)

ラグビーという名前はそれが最初にプレーされたイングランド、ウォリックシャーのラグビーという町にちなんでいます。ラグビースクールのウィリアム・ウェブ・エリスという生徒が手でボールを拾って走り始めたとされています。 現代ラグビーフットボール派生についてのこの人気の物語は1823年に起こったものだと言われています。

 

イングランドのクラブは1871年にRFU(ラグビー・フットボール・ユニオン)を設立しました。プロ化するために1892年にNU(ノーザン・ラグビー・フットボール・ユニオン)の結成が続きました。この歴史的な出来事により、ラグビー・フットボールはラグビーユニオンとラグビーリーグという2つの主要なコードになりました。

 

ラグビー・フットボールは回転楕円形のボールを使用し、手でボールを持って走ることが許される一方、フォワードパス(前方へのパス)は許されません。これらはラグビー・フットボール共通の特徴です。

 

ギリシャの球技エピスケイロスとファイニンダに影響された古代ローマのボールゲーム、ハルパストゥムは、ラグビー・フットボールに似ていると言われています。

 

 

ラグビーユニオン

ラグビーユニオンの特徴は、ブレークダウン、ラック、モール、ラインアウト、スクラム等のセットプレーに見ることが出来ます。

 

選手はパスでボールを後方に動かし、ランニングやキッキングではボールを前方にも動かすことが出来ます。守備する選手はボールを保持しているプレーヤーにタックルすることができ、コンタクトは首より下で行う必要があります。

 

ラグビーユニオンはアマチュアリズムを維持しましたが、遂に1995年にプロ化に道をひらき、それによりゲームの発展を加速させました。

 

歴史:

最初の国際試合は1871年、エディンバラのレーバーンプレースでスコットランドとイングランドの間で開催され、スコットランドが1-0で勝利しました。イングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズは1883年に初の国際大会であるホームネイションズ・チャンピオンシップを開始しました。ブリティッシュ・アイルズチームは1888年にオーストラリアとニュージーランドに遠征し、それがやがてブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズのツアーになりました。最初のワールドカップは1987年に開催され、ニュージーランドは最初のワールドカップチャンピオンになりました。

 

組織:

ラグビーユニオンの世界的な統括団体は、1886年以来アイルランドのダブリンに本拠を置き、IRFB(国際ラグビーフットボール評議会)およびIRB(国際ラグビー評議会)として知られていたワールドラグビーです。

 

6つの地域統括団体がワールドラグビーの傘下にあります。

ラグビーアフリカ。旧称; CAR(アフリカラグビー連盟)。

アジアラグビー。旧称; ARFU(アジアラグビーフットボールユニオン)。

ラグビーアメリカズノース。旧称; NACRA(北米カリブラグビーアソシエ―ション)。

ラグビーヨーロッパ。旧称; FIRA、AER(国際アマチュア・ラグビー連盟、欧州ラグビーアソシエーション)。

オセアニアラグビー旧称; FORU(オセアニア・ラグビーユニオン連盟)。

スダメリカラグビー。旧称; CONSUR(スダメリカナ・ラグビー連盟)。

 

SANZAAR旧称; SANZAR

南アフリカ・ラグビーユニオン、ニュージーランドラグビー、オーストラリアラグビー、アルゼンチン・ラグビーユニオンのジョイントベンチャーです。 SANZAARは、スーパーラグビーとザ・ラグビーチャンピオンシップ(旧称; トライネイションズ=3カ国対抗戦)を取り仕切っています。

 

大会:

毎年開催される国際大会には下記のようなものがあります。

シックスネイションズ・チャンピオンシップ(6カ国対抗戦)は、ヨーロッパの主要ラグビー国、すなわちイングランド、フランス、アイルランド、イタリア、スコットランド、ウェールズにより争われます。

ラグビーチャンピオンシップは、南半球の4つの主要ラグビー国、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカにより競われます。アルゼンチンの参入前の呼称はトライネイションズ(3カ国対抗戦)でした。

 

主要な国内扱いの大会には、

プレミアシップ(イングランド)、

トップ14(フランス)、

NRC、ナショナルラグビー・チャンピオンシップ(オーストラリア)、

プロヴィンシャル・チャンピオンシップ=州対抗戦(ニュージーランド)、

カリーカップ(南アフリカ)、

Pro14(アイルランド、イタリア、スコットランド、ウェールズ、南アフリカ)、

があります。

 

主要な大陸および大陸間のクラブ相当の大会には、

ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ(欧州)、

スーパーラグビー(南半球、日本)、

があります。

 

ポジション:

1チームは15人の選手で構成されています。ポジションはフォワードとバックに分けられます。

FW:8選手。

フロントロー:ルースヘッドプロップ(1番)、フッカー(2番)、タイトヘッドプロップ(3番)。

セカンドロー:ロック(4番)、ロック(5番)

バックロー:ブラインドサイド・フランカー(No. 6)、オープンサイド・フランカー(No. 7)、ナンバーエイト(No. 8)。

 

BK:7選手。

ハーフバック:

スクラムハーフ(9番)、フライハーフ(スタンドオフ)(10番)。

スリークオーターバック:

左ウィング(11番)、インサイド・センター(12番)、アウトサイド・センター(13番)、右ウィング(14番)。

フルバック(15番)。

 

規則:

1試合は前後半それぞれ40分から成ります。トライは5ポイント、コンヴァージョンは2ポイント、ペナルティキックは3ポイント、ドロップゴールは3ポイントです。

 

ラグビーユニオンのフィールドサイズは、144m(157yd) x 70m(77yd)、またはそれに近いものです。最大2つのトライラインの間は100m(109yd)で、各トライラインの後ろのインゴールは10m~22mです。ゴールポストは幅560cm(6.1yd)の2本のポールで構成され、クロスバーは高さ3m(3.3yd)です。

 

 

ラグビーユニオンの変種

ラグビーセブンズ(7人制ラグビー)

ラグビーセブンズは、ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビーにより運営されています。

 

フィールドサイズはラグビーユニオンと同じです。セブンズの試合は、一般的に7分か10分ハーフです。1日か2日でトーナメントが開催されることがあります。

 

動くのに十分なスペースがあるため、選手は優れたランニング能力を持っている必要があります。コンヴァージョンはドロップキックで行う必要があります。スクラムは各チーム3選手により行われます。キックオフは、スコアされた方ではなく得点したチームにより行われます。

 

ポジション:

1チームは7人の選手で構成されます。ポジションはフォワードとバックに分けられます。

FW:3選手。

プロップ(1番)、フッカー(2番)、プロップ(3番)。

BK:4選手。

スクラムハーフ(4番)、フライハーフ(スタンドオフ)(5番)。

スリークオーターバック:

センター(6番)、ウィング(7番)。

 

歴史:

ラグビーセブンズは、1883年にスコットランドのメルローズでメルローズRFCの資金調達の手段として初めてプレーされました。 メルローズ・セブンズ・トーナメントは、現在でも開催されています。

 

1973年に初の公式な国代表チームのトーナメントであるインターナショナルセブン・ア・サイド・トーナメントがマレーフィールドで開催されました。香港セブンズが1976年に始まり、ラグビーセブンズの人気拡大に貢献しました。ワールドラグビーセブンズ・シリーズが1999年に始まり、ワールドラグビーウィメンズセブンズ・シリーズが2012年に続きました。ラグビーワールドカップセブンズは、1993年にスコットランドで最初に開催されました。

 

ラグビーセブンズは2016年に初めて夏季オリンピックでプレーされました。フィジーが男子競技の最初のオリンピック勝者となり、オーストラリアが女子競技の最初のオリンピック金メダルを獲得しました。

 

男子ラグビーセブンズは2011年のパンアメリカン競技大会で初めてプレーされ、女子ラグビーセブンズは2015年に追加されました。以前FIRA-AERセブンズと言われたヨーロピアンセブンズグランプリシリーズ、そしてヨーロピアンセブンズチャンピオンシップは、ヨーロッパで毎年開催される栄誉ある大会です。

 

 

ラグビー・テンズ

ラグビー・テンズはラグビーユニオンのルールに基づいていますが、1チームは10選手、5人のフォワードと5人のバックで構成されます。1試合は一般的に10分ハーフです。

 

マレーシアで創案され、インドネシア、マレーシア、シンガポール、韓国、タイなどのアジア諸国で人気があります。 南アフリカで、ラグビー10の認知度が高まっています。

 

 

ラグビー・テンズの主な大会:

COBRA ラグビー・テンズ(1967年創設)。

香港フットボールクラブ・テンズ(1986年創設)。

フランドル・オープンラグビー(1993年創設)。

ケープタウン・テンズ(2009年創設)。

ワールドクラブ・テンズ(2014年創設)。

ブリスベン・グローバルラグビー・テンズ(2017年創設)。

 

 

ミニラグビー

ミニラグビーは、ラグビーユニオンを子供たちに教えることを目的として、作られたラグビーユニオンのバリエーションです。 使用されるボールとフィールドはより小さく、プレーヤーの数は8人から10人の間です。

 

ミディラグビーはミニラグビーとフルラグビーユニオンの間の形式です。1チームは12人または13人の選手で構成されます。

 

 

ラグビーリーグ

ラグビーリーグは、ラグビーユニオンと同じ起源を共有しています。イングランドの複数のラグビークラブは、選手への報酬支払いを禁止する規制についての意見相違のため、1895年にRFU(ラグビー・フットボール・ユニオン)を離れ、NU(ノーザン・ラグビー・フットボール・ユニオン)を結成しました。呼称は後にラグビー・フットボール・リーグに変更されました。時の経過共に規則の変更がなされ、人々はそれをラグビーリーグと呼び始めました。初期の主要なルール変更はラインアウトの廃止でした。プレーヤーの数は15人から13人に減り、プレーザボール・ルールでボールがスピーディーに動くようになりました。

 

ラグビーリーグは主にヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島でプレーされています。ラグビーリーグ・ワールドカップは、1954年にフランスで初めて開催され、グレートブリテンがワールドカップ初代王者になりました。

 

主なクラブの大会:

スーパーリーグ(欧州)。

NRL(オーストラリア・ナショナルラグビーリーグ)。

 

組織:

国際ラグビーリーグ連盟が、ラグビーリーグを世界的に統括しています。欧州ラグビーリーグ連盟は、ヨーロッパと北半球を受け持っています。

 

国際ラグビーリーグ連盟。

欧州ラグビーリーグ連盟。

アジア太平洋ラグビー連盟。

ARL(オーストラリアン・ラグビーリーグ・コミッション)。

NZRL(ニュージーランド・ラグビーリーグ)。

 

 

ポジション:

1チームは13人の選手で構成されています。ポジションはフォワードとバックに分けられます。

FW:6選手。

フロントロー:ブラインドサイド・プロップ(10番)、フッカー(9番)、オープンサイド・プロップ(8番)。

セカンドロー:セカンドロー(12番)、セカンドロー(11番)。

バックロー:ルースフォワード(ロック)(13番)。

 

BK:7選手。

ハーフ:

ハーフバック(スクラムハーフ)(7番)、スタンドオフ(ファイヴエイツ)(6番)

スリークオーターバック:

左ウィング(5番)、左センター(4番)、右センター(3番)、右ウィング(2番)。

フルバック(1番)。

 

 

ラグビーリーグの変種

ラグビーリーグ・セブンズ

7人のプレーヤーで行われるラグビーリーグです。ラグビーリーグ・セブンズの大会は、1961年にオーストラリアで初めて開催されました。ワールドカップセブンズとも呼ばれるラグビーリーグワールドセブンズは、主要な大会です。

 

フィールドは通常のラグビーリーグと同じサイズです。1チームはフォワード3人、ハーフ1人、バック3人で構成されます。許容される交代の数は、12選手のスコッドから無制限です。

 

1試合は、前後半それぞれ7分または10分で構成されます。 ゴールを狙う際は、ドロップキックを使用する必要があります。規則の詳細は国により異なります。

 

 

ラグビーリーグ・ナインズ

ラグビーリーグのルールに基づき、1チームは13人ではなく9人の選手です。許可される交代の数は4人の交代選手のなかで無制限です。スクラムは、一列目(3人)とニ列目(2人)で構成されます。

 

1試合は7分30秒ハーフです。キックオフ再開は、スコアされたチームによるタップです。ペナルティのリスタートは違反が起きた地点から10メートル前進しタップで開始します。選手はトライ後、コンヴァージョンにドロップキックを使う必要があります。

 

ラグビーリーグ・ナインズの主なイベント:

イングランド:

ブリストル9s。

カーネギー・フラッドライト9s。

チェルトナム・ラグビーフェスティバル。

ミドルセックス9s。

ミッドランド9s。

ロッチデール・インターナショナルラグビーリーグ9s。

スカボロー・ラグビーリーグフェスティバル。

スカンソープ9s。

サウサン9sトーナメント。

サウスウェスト9s。

ウォーリック大学ラグビーリーグ9s。

ヨーク・インターナショナル9 s。

 

ウェールズ:

ノースウェールズ9s。

スコット・マクロリー9s。

 

アイルランド:

キルケニー9s。

ポータダウン9s。

 

フランス:

レジーニャン9s。

 

イタリア:

ヴェネト9s。

 

ドイツ:

ハイデルベルク9s。

 

マルタ:

マルタ・ラグビーリーグ9s。

 

オランダ:

NNRLB 9s。

 

ノルウェー:

スカンディナヴィアン9s。

 

太平洋:

パシフィックゲームズ・ラグビーリーグ。

 

オーストラリア:

カブラマッタ・インターナショナル9s。

ターシャゲール9s。

 

ニュージーランド:

NRLオークランド9s。

 

フィリピン:

サンバレス・インターナショナルラグビーリーグ9sトーナメント。

 

タイ:

バンコク9s

プーケット・インターナショナル9sラグビーリーグ。

 

アメリカ合衆国:

USAラグビーリーグ9s。

 

 

ビーチラグビー

イタリア等、ヨーロッパの海岸で人気があります。ビーチラグビーのフィールドサイズは30m × 20mと50m × 35mの間です。インゴールは3m~7mです。ビーチラグビーのフィールドは、直線を引き、それらを維持するのが難しい砂の上にあるため、線には目に見えるテープを配置する傾向があります。1試合は5分または7分ハーフです。プレーヤーの数は4〜7人です。規則の詳細は大会により異なります。

 

 

フォースバック(フォーシングバック、フォースメンバック、フォースエムバックス)

フォースバックのルールは多様です。 例えば、プレーヤーはハーフウェーからゴールラインに向かってキックオフを行います。反対側のチームがキャッチした場合、プレーヤーはボールを前方に蹴る前に10メートル前進することが出来ます。ゴールポスト間を通過するパントキックは1ポイントです。ゴールポストを通過するドロップキックは3ポイントです。

 

別の方法では、ボールがバックラインを越えてバウンドした場合は、1ポイントを得ます。そうでない場合、オーバーします。プレーヤーがキックをキャッチした場合、チームは5ステップ進むことが出来ます。10ポイントを獲得したチームが勝利です。身体的な接触はなく、キッキングに焦点が当てられています。

 

ニュージーランドとオーストラリアで人気のあるゲームです。しばしば休憩時間に生徒がフォースバックをプレーします。

 

 

タッチラグビー

しばしばタッチラグビーは、ウォーミングアップや、公共の公園での非公式な遊びでプレーされます。タッチラグビーのゲームには、様々な種類があり、ラグビーリーグに基づいたものが最も人気があります。

 

主な変更点は、タックルをタッチに置き換えることと、激しい身体的な接触を無くすことです。ルールは簡素化され、簡単に理解できます。これらの変更により、フルコンタクトのラグビーリーグよりも、はるかに安全で理解し易いため、幅広いカテゴリーのプレーヤーがゲームに参加可能になります。

 

また、公式な大会もあります。主催者によりルールは異なります。一般的なタッチラグビーコードの1つでは、1チームは6人の選手で構成されます。オーストラリアに拠点を置くFIT(国際タッチ連盟)は、タッチラグビーの国際的な統括団体です。

 

 

リーグタグ

リーグタグという2つの異なる場所で発展したセミコンタクトの変種があります。ルールはラグビーリーグに基づいており、タックルは代替のプレーで置き換えられています。リーグタグの2つの主なコードの1つはアイルランドのコークで発案されました。もう一つのコードは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州に由来します。

 

アイルランドのリーグタグでは、プレーヤーはフルコンタクトのタックルをするのではなく、ボールにつかまります(タグ)。服をつかむこと、ハンドオフ、フェンドを無くし、接触を減らす努力がなされています。オーストラリアのリーグタグでは、プレーヤーはタックする替わりにボールキャリアーの体からタグを外します。リーグタグでは、コンタクトが大幅に減るため、プレーするのが安全で、選手はラグビーリーグを学ぶことができます。

 

 

タグ・ラグビー(フラッグ・ラグビー)

タグラグビーでは、プレーヤーはベルトと2つのマジックテープを着用します。古コンタクトのタックルを行う替わりにプレーヤーは、これらのタグを手でベルトから外します。 ルールはラグビーリーグに似ており、子供達にとり、よい足がかりです。タグラグビーは、限られた環境のため柔らかい地面が利用できないジブラルタルで最初に考案されました。攻撃側のチームは4回目のタックルが完了する前にスコアするか、若しくはボール所持を相手に渡す必要があります。タグラグビーは、1990年にイギリスの体育教師によって体系化され、世界中の子供たちの間で人気になりました。

 

 

オズタグ

英国のタグラグビーの一種であるオズタグは、ラグビーリーグをベースにした子供向けのコンタクトの無いゲームです。タックル方法はボールキャリアーからタグを取ることです。攻撃側チームは、5つのプレーかタグ以内で、トライをスコアする必要があります。トライは1ポイントで、スコア後のコンヴァージョンキックはありません。1チームは8人の選手で構成されます。また、選手は審判の肩の高さより下でボールを蹴ることが許されています。1試合は20分ハーフです。オズタグのフィールドサイズは、一般的に70m × 50mです。

 

 

ミニタグ

タグラグビーの一種のミニタグは、コンタクトの無いスポーツで、子供たちの間でしばしばプレーされます。アンダー7では、タックル数は無制限で、タックルされたプレーヤーは、ボールをオフロードする必要があります。リスタート方法はフリーパスです。ミニタグではサイズ3のラグビーボールを使用します。

 

 

ウィルチェアー・ラグビーリーグ

車椅子ラグビーリーグはラグビーリーグのルールに基づいており、プレーヤーは車椅子で動き回ります。プレーヤーは、選手資格を得るために必ずしも障害がある必要はありません。 タックルは肩からタグを外すことに置き換えられます。ウィルチェアー・ラグビーリーグでは、サイズ4のラグビーボールが使用されます。ウィルチェアー・ラグビーリーグのコートサイズは40m × 20mです。標準のハンドボールコートを使用可能で、屋内ラグビーポストが配置されます。

 

ウィルチェアー・ラグビーリーグは、2004年にフランスのロベール・ファッソーレットとワリー・サルヴァンにより考案されました。ウィルチェアー・ラグビーリーグの初のワールドカップは、2008年にオーストラリアのシドニーで開催され、イングランドが最初のワールドカップ勝者になりました。

 

 

ユニバーサル・フットボール

ユニバーサル・フットボールは、1900年代初頭に提案されたオーストラリアン・フットボールとラグビーリーグを組み合わせたゲームです。

 

 

著者:長田拓也 Takuya Nagata

日本屈指のフットボールクラブでサッカーを志す。若くして引退し、単身イングランドに渡り、英国立大学を卒業。スペイン等、欧州各地でフットボールジャーナリスト、フットボールコーチ、フットボールコンサルタント等、キャリアを積む。渡英以来ラグビーユニオンもプレーし、様々なフットボールコードを比較研究。クリエーティヴ系やオンライン業界にも通じる。ダイバーシティと平等な社会参加の精神を促進する世界初のコンペティティヴな混合フットボール「プロプルシヴ・フットボール(プロボール)」の創始者。Tact Nexus Group創設者。

 

 

Propulsive Football JAPAN (日本) /

> NEWS Japan (日本)

> スポンサーシップ

> サポーター

> 楽しみ方 (PROBALL キャラバン)

> 大会

> > Propulsive Football Saikyo League

> > Propulsive Football Men & Kids Tournament

> ルール

> プレス

> Highlights

 

> Countries

> > Propulsive Football JAPAN (日本)

> > Propulsive Football SPAIN (España)

> > Propulsive Football GLOBAL

> > > NEWS

> > > > NEWS Global

> > > BALL for ALL

> > > Football Games

 

> フットボール・ゲームズ

> > フットボール・アスレチックゲーム

> > > プロプルシヴ・フットボール(プロボール)

> > > アソシエーション・フットボール(サッカー)

> > > ラグビー・フットボール(ラ式蹴球)

> > > グリッドロン・フットボール(ノース・アメリカン・フットボール)

> > > ゲーリック・フットボール

> > > オーストラリアン・フットボール(オージールールズ)

> > > ハイブリッド・フットボール・ゲームズ

> > > 古いフットボール・ゲームズ

> フットボール・コンピュータゲーム

> フットボール・卓上ゲーム

> フットボール・試合情報・ニュース・速報