グリッドロン・フットボール(ノース・アメリカン・フットボール)

グリッドロン・フットボール(ノース・アメリカン・フットボール)

グリッドロン・フットボール、すなわちアメリカンフットボールとカナディアンフットボールは、ラグビー・フットボールアソシエーション・フットボールから派生したもので、北米で長期間にわたり、独自の方向に進化しました。

 

アメリカンフットボールは、チーム毎に11人の選手なのに対し、カナダディアン・フットボールでは1チームは12選手から成ります。以前カナディアンフットボールは、より独自の特徴を有していました。しかし、アメリカの規則からいくつか導入したため、アメリカンフットボールにより近づいてきています。

 

共通の特徴には、ヘルメットやパッド等のハードボディプロテクションの使用が含まれます。フォワードパスとダウンも考案されました。グリッドロン・フットボールは、両端が尖った小さな楕円形のボールを使用します。これにより片手の長距離パスが可能になります。 線の引かれた長方形のフィールドはグリッド(格子)のように見えます。

 

国際競技団体はIFAF(国際アメリカンフットボール連盟)であり、アメリカンフットボールのIFAF世界選手権を組織しています。

 

 

アメリカンフットボール(アメフト、アメフット、米式蹴球、鎧球)

アソシエーション・フットボールラグビー・フットボール等、様々な種類のフットボール競技が、初期の頃にアメリカでプレーされました。4ダウン、11選手、長さ100ヤードのフィールド等の主なルール変更が1880年に行われました。フォワードパスが後に追加され、アメリカンフットボールは、独自の方法で進化し始めました。

 

アメリカンフットボールは、アメリカで最も注目されるスポーツで、スーパーボウルは、その地域で最大のスポーツイベントです。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)とNCAAカレッジ・フットボールは、全国で大勢の観衆を魅了しています。

 

規則:

オフェンス側は4ダウンで前進することができ、前進が10ヤード未満の場合、ボールポゼッションは相手チームに渡されます。オフェンス側は10ヤード以上、前進することで更に4ダウンを得ることが出来ます。エンドゾーンに到達してタッチダウンすることでポイントをスコアすることが出来ます。ポイントを得るもう一つの方法は、ボールを蹴ってゴールポストを通し、フィールドゴールすることです。

 

アメリカンフットボールでは、1試合(60分)は15分のクオーターからなります。1チームは11人の選手で構成されています。

 

ポジション:

オフェンス:

クォーターバック:1選手。

テールバック/ハーフバック:1選手。

フルバック:1選手。

ワイドレシーヴァー:2〜4選手。

センター:1選手。

ガード:2選手。

タックル:2選手。

タイトエンド:1選手。

 

タイトエンド、右タックル、左ガード、センター、右ガード、左タックル。

ワイドレシーヴァー、ワイドレシーヴァー。

クォーターバック。

フルバック。

テールバック/ハーフバック。

 

ディフェンス:

ディフェンシヴタックル:2選手。

ディフェンシヴエンド:2選手。

ミドルラインバッカー:1選手。

アウトサイドラインバッカー:2選手。

コーナーバック:2選手。

フリーセーフティ:1選手。

ストロングセーフティ:1選手。

 

ディフェンシヴエンド、ディフェンシヴタックル、ディフェンシヴタックル、ディフェンシヴエンド。

アウトサイドラインバッカー、ミドルラインバッカー、アウトサイドラインバッカー。

フリーセーフティ、ストロングセーフティ。

コーナーバック、コーナーバック。

 

特別な役割:

フィールドゴールとPAT(ポイントアフタータッチダウン):

プレースキッカー、ホルダー、ロングスナッパー。

 

パント:

パンター、ロングスナッパー、アップバック、ガンナー。

 

キックリターナー、パントリターナー。

ジャマー。

 

ポイント:

タッチダウン(TD)6。

ポイントアフタータッチダウン(PAT)、2ポイントコンヴァージョン2、コンヴァージョン1。

フィールドゴール(FG)3。

 

アメリカンフットボールのフィールドサイズ:

長さ120yd(110m)、幅53.33yd(48.76m)の長方形で、各エンドのゴールラインとエンドラインとの間の10ydも含まれます。

ゴールポストの間隔は18ft 6in(5.64m)、クロスバーの高さは10ft(3m)です。

アメリカンフットボールのボールは楕円形で、重量は14 oz~15 oz(397g~425g)です。

 

大会:

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ):プロフェッショナル・フットボール。

スーパーボウル。

NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)。

AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)。

プロボウル。

 

NCAA(全米大学体育協会):カレッジ・フットボール。

ディヴィジョン1:FBS(フットボール・ボウル・サブディヴィジョン)、FCS(フットボール・チャンピオンシップ・サブディヴィジョン)。

ディヴィジョン2。

ディヴィジョン3。

 

NFHS(全米州立高校協会):ハイスクール・フットボール。

 

USAフットボール:

草の根のフットボールを受け持つ団体。

 

世界のアメリカンフットボール:

IFAF(国際アメリカンフットボール連盟):

IFAFアメリカンフットボール世界選手権。

IFAF女子世界選手権。

IFAF U-19世界選手権。

 

欧州:

EFAF(欧州アメリカンフットボール連盟)。

EFL(欧州フットボールリーグ)。

ユーロボウル。

EFAFカップ。

アトランティックカップ。

チャレンジカップ。

 

オーストリア:オーストリアン・フットボールリーグ。

ドイツ:ジャーマン・フットボールリーグ。

イギリス:BAFAナショナルリーグ。

フランス:リーグエリート・フットボールアメリカン。

イタリア:イタリアン・フットボールリーグ。

 

ラテンアメリカ:

メキシコ:

リーガ・デ・フットボールアメリカーノ・プロフェッショナル(プロフェッショナル・アメリカン・フットボールリーグ)。

リーガマヨール、ONEFA。

CONADEIPプレミアカンファレンス。

 

ブラジル:

コンフェデラソン・ブラジレーラ・ジ・フッチボール・アメリカーノ(ブラジルアメリカンフットボール連盟):

スーペルリーガ・ナシオナル・ジ・フッチボール・アメリカーノ(ナショナルアメリカンフットボールスーパーリーグ)。

 

アルゼンチン:

フットボール・アメリカーノ・アルヘンティーナ

 

日本:

Xリーグ。

KCFA(関東学生アメリカンフットボール連盟)。

ライスボウル。

 

 

アメリカンフットボール(アメフト)の変種

ナインマン・フットボール

ナインマン・フットボールでは、11人のかわりに各チームは9人の選手が出場します。高校のチームがしばしばプレーします。ディフェンスで一般的なシステムは、3人のディフェンシヴ・ラインマン、3人のラインバッカー、2人のディフェンシヴバック、1人のセーフティです。 ナインマン・フットボールがプレーされるフィールドのサイズは例えば、長さ80yd(73m)× 幅40yd(37m)のように、小さい場合があります。

 

 

エイトマン・フットボール

エイトマン・フットボールは標準的なアメリカンフットボールに基づいており、いくつかのルール変更が行われています。エイトマン・フットボールでは、1チームは8選手です。エイトマン・フットボールのフィールドサイズは、標準サイズではない場合は、長さ80yd (73m) × 幅40yd(37m)です。

 

 

シックスマン・フットボール

シックスマン・フットボールは、1934年に発案されました。アメリカンフットボールをベースにしており、各チームは11人ではなく6人の選手が出場します。シックスマン・フットボールのフィールドサイズは、長さ80yd(73m)× 幅40yd(37m)です。スクリメージラインからの最初のダウンを得るのは、10yd(9m)から15yd(14m)に増加します。

 

シックスマン・フットボールの試合は高得点を記録する傾向があります。選手が大幅に減らされているため、プレーヤーはより多くのオープンスペースを利用して、自由に移動して前進できます。PAT(ポイントアフタータッチダウン)では、キックは2ポイントで、パスやランニングによるコンヴァージョンは1ポイントです。これは標準的なアメリカンフットボールとは反対です。フィールドゴールは3ポイントではなく4ポイントです。 キックの価値が、シックスマン・フットボールで強化されています。

 

 

フラッグ・フットボール

フラッグ・フットボールはアメリカンフットボールに基づいており、簡素化されています。主な変更は、身体的コンタクトが禁止または制限されていることです。タックルはフラッグに置き換えられます。ボールキャリアーからタグを取ることは1ダウンとしてカウントされます。プレーヤーはショルダーパッドとヘルメットを着用する必要はありません。フラッグ・フットボールのルールは様々なものがあります。

 

広場でのカジュアルなプレーが、しばしば見られます。フィールドサイズと選手の数はフレキシブルです。フラッグ・フットボールは、子供達に適しており、より安全です。

 

大会:

IWFFA(国際ウーマンズ・フラッグフットボール協会)は、8人制フラッグフットボール・トーナメントを開催しています。

 

IFFF(国際フラッグ・フットボールフェスティバル)は、フラッグ・フットボールのワールドカップを開催します。

 

IFAFフラッグ・フットボール世界選手権は、IFAF(国際アメリカンフットボール連盟)により運営されています。

 

英国を拠点とするBAFAナショナルリーグズは、全国規模の大会を開催しています。

 

 

ビーチフラッグ・フットボール

ビーチフラッグ・フットボールは砂の上でプレーするために、アメリカンフットボールに修正を加えたものです。主な規則の変更には、コンタクト無しと硬い靴なしが含まれます。チームサイズは6選手等、小さい傾向があります。フィールドサイズも小さく、例えば長さ60yd×幅30yd、エンドゾーン10ydといったものです。従い、ビーチでスペースを見つけてプレーするのが容易です。海岸に滞在中、これは大きな娯楽になりえます。

 

USビーチフラッグ・フットボール協会は、男女混合を含む様々な大会を組織しています。

 

 

タッチフットボール

タッチフットボール(アメリカン)では、選手はフルコンタクトのタックルのかわりに、ボールキャリアーにタッチします。ルールは、ほとんど変わらない場合があります。あるいは、状況に応じて大幅にルールが変更されることもあります。ゲームはフィールドゴールなし等で簡素化すること可能です。または、タッチダウン毎に1ポイントのみで、他にスコアする方法をなしにすることもあります。

 

チームは、時にオールタイム・クォーターバック(ステディ・クォーターバック)と呼ばれる役割を置くことがあります。プレーヤーの数は様々です。小さなフィールドで4選手対4選手の場合もあります。タッチフットボールは公園でのレクリエーションとして、しばしばプレーされます。安全で、多くのカジュアルプレーヤーがいます。

 

 

アリーナ・フットボール(インドア・フットボール)

アメリカンフットボールは、標準的なフィールドサイズよりも小さい屋内フィールドで開催されるようにつくり変えられています。フィールドサイズは長さ50ydです。1チームは8人の選手で構成されています。

 

インドア・フットボールは1900年代初頭から1930年代にかけて行われたことが知られています。1980年代に人気が高まり始め、それ以来多くのリーグが設立されました。改修されたアイスホッケー場で競技するチームもあります。アリーナ・フットボールは寒く大雪の冬の間でもプレー出来ます。

 

 

ストリート・フットボール(バックヤード・フットボール)

ストリート・フットボールは、プロテクターの少ないアメリカンフットボールの簡素化されたバージョンですが、フルコンタクトのタックルが許されます。その名前が示すように、フィールドサイズは小さなものです。ルールは様々で、チームの人数は7人程度です。A7FL(アメリカン7’sフットボールリーグ)が、大会を開催しています。ストリート・フットボールは若者の間で人気があります。

 

 

オースタス

これは第二次世界大戦中にアメリカ軍の隊員がオーストラリアに駐留している際に発案された、オーストラリアン・ルールズ・フットボールとアメリカンフットボールを折衷したゲームです。

 

 

カナディアンフットボール

カナディアンフットボールはラグビー・フットボールに似ていました。バーンサイドルールが、1903年に導入され、大きな変更は15人からチーム毎に12人のプレーヤーに減らすことが含まれます。チームは3ダウンで少なくとも10ヤード前進する必要があります。そうでない場合、ボールは相手チームに渡ります。

 

カナディアンフットボールはアメリカンフットボールとの類似点を多く有していますが、別のスポーツと識別出来る独自の特徴があります。

 

カナディアンフットボールのフィールドサイズは、長さ150yd(137m) × 幅65yd(59m)です。各ゴールエリアの深さは20yd(18m)です。2つのゴールライン間の長さは110yd(101m)です。ゴールポストの間隔は18ft 6in(5.64m)、クロスバーの高さは10ft(3m)です。

 

CFL(カナディアン・フットボール・リーグ)は、プロフェッショナルリーグです。フットボール・カナダはアマチュアフットボールの運営を受け持っています。Uスポーツフットボールは、大学レベルで競技を運営しています。カナディアン・メジャー・フットボール・リーグは、セミプロフェッショナルのカナディアンフットボールを運営する競技団体です。

 

 

大会:

CFL(カナディアン・フットボール・リーグ)。

グレイカップ。

Uスポーツフットボール。

ヴァニアカップ。

カナディアン・ジュニア・フットボール・リーグ。

カナディアン・ボウル。

アルバータ・フットボール・リーグ。

ノーザン・フットボール・カンファレンス。

ナショナル・チャンピオンシップ。

 

ウェスタン・ウィメンズ・カナディアン・フットボール・リーグ。

マリタイム・ウィメンズ・フットボール・リーグ。

 

 

カナディアン・ナインマン・フットボール

カナディアン・ナインマン・フットボールは、カナディアンフットボールに基づいています。 通常、標準のフィールドサイズが使用され、9人制でプレーされます。チーム毎に12人が出場する標準のカナディアンフットボールより3人少ないです。これにより、ランニングのスペースがつくられます。

 

 

カナディアン・フラッグ・フットボール

カナディアンフットボールのフルコンタクトのタックルのかわりにタグが使用されます。すべてのレベルのプレーヤーにとって、ゲームをより安全でアクセスし易くします。カナディアン・フラッグ・フットボールは、アメリカンフットボールのそれと同等のものです。

 

 

著者:長田拓也 Takuya Nagata

日本屈指のフットボールクラブでサッカーを志す。若くして引退し、単身イングランドに渡り、英国立大学を卒業。スペイン等、欧州各地でフットボールジャーナリスト、フットボールコーチ、フットボールコンサルタント等、キャリアを積む。渡英以来ラグビーユニオンもプレーし、様々なフットボールコードを比較研究。クリエーティヴ系やオンライン業界にも通じる。ダイバーシティと平等な社会参加の精神を促進する世界初のコンペティティヴな混合フットボール「プロプルシヴ・フットボール(プロボール)」の創始者。Tact Nexus Group創設者。

 

 

Propulsive Football JAPAN (日本) /

> NEWS Japan (日本)

> スポンサーシップ

> サポーター

> 楽しみ方 (PROBALL キャラバン)

> 大会

> > Propulsive Football Saikyo League

> > Propulsive Football Men & Kids Tournament

> ルール

> プレス

> Highlights

 

> Countries

> > Propulsive Football JAPAN (日本)

> > Propulsive Football SPAIN (España)

> > Propulsive Football GLOBAL

> > > NEWS

> > > > NEWS Global

> > > BALL for ALL

> > > Football Games

 

> フットボール・ゲームズ

> > フットボール・アスレチックゲーム

> > > プロプルシヴ・フットボール(プロボール)

> > > アソシエーション・フットボール(サッカー)

> > > ラグビー・フットボール(ラ式蹴球)

> > > グリッドロン・フットボール(ノース・アメリカン・フットボール)

> > > ゲーリック・フットボール

> > > オーストラリアン・フットボール(オージールールズ)

> > > ハイブリッド・フットボール・ゲームズ

> > > 古いフットボール・ゲームズ

> フットボール・コンピュータゲーム

> フットボール・卓上ゲーム

> フットボール・試合情報・ニュース・速報