ゲーリック・フットボール

ゲーリック・フットボール

ゲーリック・フットボールはコンタクトスポーツです。ボールキャリアへのショルダーチャージとボールを平手打ちすることが可能です。しかし、許可されている身体接触は、オーストラリアン・フットボール等、一部のフットボールコードよりも少ないです。

 

全アイルランド・シニアチャンピオンシップとナショナル・フットボール・リーグは、州対抗で競われます。全アイルランド・クラブチャンピオンシップはクラブにより競われます。全アイルランド・シニアチャンピオンシップが最も大きな大会です。

 

歴史:

ゲーリック・フットボールの起源はアイルランドにあります。1308年に記されたアイルランドのフットボールの記述が見つかっています。1712年にスレーンでラウスとミーズの間で行われた試合は、記録に残る最も古い州対抗の試合です。6人制のフットボールが、18世紀の初め頃にしばしばプレーされました。

 

ゲーリック・フットボールの今日の形は、1880年代に確立されました。1887年には、主要なゲーリック競技を組織するスポーツ団体であるGAA(ゲーリック体育協会)が、ゲーリック・フットボールを体系化しました。GAAが今日、ゲーリック・フットボールを統括しています。ゲーリック・フットボールは、GAAの規定の下でアマチュアリズムを厳密に維持しています。注目度の高い試合は大勢の観客を集めますが、全てのレベルの選手が競技参加に対して、いかなる形であっても支払いを受け取ることが禁止されています。

 

規則:

1試合は一般的に前後半それぞれ30分から成ります。プレー時間は主要なイベントでは、より長くなる場合もあります。ボールを動かす方法には、バウンス、キャリー、ハンドパス、キック、ソロがあります。プレーヤーは、ボールをキックかハンドパスすることで3ポイントを獲得することができます。ゴールポストの間で、クロスバーの上にボールをキックかハンドパスすることにより、1ポイントを獲得することが出来ます。

 

1チームは15人の選手で構成されています。13人制(フルバック、フルフォワードなし)のゲームも、しばしば十分な人数の選手が揃わないチームにより行われます。

 

ゲーリック・フットボールに使用されるボールは周囲68cm~70cm(27in~28in)、重量480g~500g(17oz~18oz)です。

 

ゲーリック・フットボールのフィールドサイズは、長さ130m~145m(142yd~159yd)×幅80m~90m(87yd~98yd)です。2本のゴールポストの間隔は6.5メートルで、高さは約7mで、クロスバーは2.5mの高さです。

 

ゲーリック・フットボールのファウルは、テクニカルファウル、アグレッシヴファウル、ディセントの3つに分類されます。処罰は相手チームへのボールポゼッションの引き渡し、注意、選手退場、試合終了の可能性があります。

 

ゲーリック・フットボールのポジション:

GK:1選手。

ゴールキーパー1番。

 

BK:6選手。

右コーナーバック(右フルバック)2番、フルバック3番、左コーナーバック(左フルバック)4番。

右ハーフバック(右ウィングバック)5番、センターハーフバック(センターバック)6番、左ハーフバック(左ウィングバック)7番。

 

MF:2選手。

ミッドフィールド(センターフィールド)8番、ミッドフィールド(センターフィールド)9番。

 

FW:6選手。

右ハーフフォワード(右ウィングフォワード)10番、センターハーフフォワード(センターフォワード)11番、左ハーフフォワード(左ウィングフォワード)12番。

右コーナーフォワード(右フルフォワード)13番、フルフォワード14番、左コーナーフォワード(左フルフォワード)15番。

 

 

レディーズ・ゲーリック・フットボール

レディーズ・ゲーリック・フットボールは、より女子選手に適したゲーリック・フットボールのバージョンで、身体へのコンタクトが最小限になっています。レディーズ・ゲーリック・フットボール・アソシエーションが、レディーズ・ゲーリック・フットボールの管理を受け持っています。レディーズ・ゲーリック・フットボールは、世界中の様々な場所で行われています。

 

男子ゲーリック・フットボールとの主な違い:

サイズ5の代わりにサイズ4のボールを使用します。

選手はフィールド上でボールを直接拾うことが出来ます。

選手は左右の手の間でボールを投げることにより、手を変えることが出来ます。

選手は手からキックアウトすることが出来ます。

意図的な身体的コンタクトは、限られた例外を除き許されません。

 

 

インターナショナル・ルール・フットボール

インターナショナル・ルール・フットボールは、オーストラリアン・フットボールチームとゲーリック・フットボールチームの間で、国際試合をプレー出来るようにするべく考案されたハイブリッドスポーツです。オーストラリア代表チームは、AFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)により選出されます。一方、アイルランド代表チームは、GAA(ゲーリック体育協会)により選出されます。

 

1967年のオーストラリアン・フットボール・ワールドツアーで、インターナショナル・ルールの試合がアイルランドにて開催されました。この競技には、男子、女子、ジュニア、マスター、アマチュア等、様々なカテゴリーがあります。インターナショナル・ルール・フットボールの試合はグローバルに観衆を魅了しています。

 

ルール:

1試合はそれぞれ18分のクォーターから成ります。1チームは15人の選手で構成されています。プレーヤーは肩と大腿部の間をつかみ、フィールドに倒すことが許されています。ゲーリック・フットボールでは、このようなタックルは禁止されています。

 

インターナショナル・ルールは、球形のボールとおよそ160yd x 98ydの長方形のフィールドを使用します。それらは、ゲーリック・フットボールのものです。

 

2本の高いポストの間隔は6.5mで、クロスバーの高さは2.5mです。ゴールネットが使用されます。これらはゲーリック・フットボールと同じです。各ゴールポスト脇の更に6.5mのところに低いポストが配置されています。これら2つの低いポストは、オーストラリアン・フットボールのビハインド・ポストです。

 

インターナショナル・ルール・フットボールのポイントの数え方:

ゴール:クロスバー下のゴールネット:6ポイント。

オーバー:クロスバー上の高い2本のポストの間:3ポイント。

ビハインド:どちらか側の高いポストと低いポストの間:1ポイント。

 

 

著者:長田拓也 Takuya Nagata

日本屈指のフットボールクラブでサッカーを志す。若くして引退し、単身イングランドに渡り、英国立大学を卒業。スペイン等、欧州各地でフットボールジャーナリスト、フットボールコーチ、フットボールコンサルタント等、キャリアを積む。渡英以来ラグビーユニオンもプレーし、様々なフットボールコードを比較研究。クリエーティヴ系やオンライン業界にも通じる。ダイバーシティと平等な社会参加の精神を促進する世界初のコンペティティヴな混合フットボール「プロプルシヴ・フットボール(プロボール)」の創始者。Tact Nexus Group創設者。

 

 

Propulsive Football JAPAN (日本) /

> NEWS Japan (日本)

> スポンサーシップ

> サポーター

> 楽しみ方 (PROBALL キャラバン)

> 大会

> > Propulsive Football Saikyo League

> > Propulsive Football Men & Kids Tournament

> ルール

> プレス

> Highlights

 

> Countries

> > Propulsive Football JAPAN (日本)

> > Propulsive Football SPAIN (España)

> > Propulsive Football GLOBAL

> > > NEWS

> > > > NEWS Global

> > > BALL for ALL

> > > Football Games

 

> フットボール・ゲームズ

> > フットボール・アスレチックゲーム

> > > プロプルシヴ・フットボール(プロボール)

> > > アソシエーション・フットボール(サッカー)

> > > ラグビー・フットボール(ラ式蹴球)

> > > グリッドロン・フットボール(ノース・アメリカン・フットボール)

> > > ゲーリック・フットボール

> > > オーストラリアン・フットボール(オージールールズ)

> > > ハイブリッド・フットボール・ゲームズ

> > > 古いフットボール・ゲームズ

> フットボール・コンピュータゲーム

> フットボール・卓上ゲーム

> フットボール・試合情報・ニュース・速報